株式会社 RKコンサルティング
Registered Kindness Management Consulting Corporation


【私の主張:2021年】2021年1月〜2021年8月

【2021年8月12日】
・将棋のタイトルは、「名人」、「棋聖」、「王位」、「王座」、「竜王」、「王将」、「棋王」と2017年に新たに追加された「叡王」の8タイトルとなる。現在は無冠であるが、羽生九段は1995年に全七冠を独占した実績がある。同一タイトルを連続5期、通算7期〜10期獲得すると「永世位(王座は名誉位)」が与えられるが、羽生九段は2017年にすべてのタイトルで永世位を獲得し「永世七冠」となった。

・現在のタイトルは、渡辺三冠(名人・王将・棋王)、豊島二冠(竜王・叡王)、藤井二冠(棋聖・王位)、永瀬一冠(王座)となっている。藤井二冠は今年度の棋聖戦で渡辺三冠の挑戦を防衛した。さらに、現在は王位の防衛(七番勝負:二勝一敗)と叡王の獲得(五番勝負:二勝一敗)を目指している。王位の防衛と叡王の獲得はともに豊島二冠との対戦であり合計十二番勝負となっている。

・本日(8/12)から竜王戦の挑戦権を懸けた挑戦者決定三番勝負が開催される。豊島竜王への挑戦権を藤井二冠と永瀬王座が対決する。藤井二冠が二番勝って挑戦権を獲得すると豊島竜王との七番勝負となる。藤井二冠は叡王戦ではあと一勝でタイトル奪取となり三冠となるが、竜王位も獲得して四冠となるといよいよ藤井時代の幕開けとなる。今後は羽生九段が達成した全冠独占を期待したい。

【2021年4月30日】
・第69期将棋王座戦の挑戦者決定トーナメントが4月29日より開幕した。渡辺明三冠、豊島将之
 二冠、藤井聡太二冠など予選を勝ち上がった10人が永瀬拓矢王座への挑戦者を決める対戦となる。
 挑戦者争いの本命はやはりタイトルホルダー3人となる。

・渡辺明三冠(37)は名人・棋王・王将と現在、最多のタイトルを保持する第一人者、豊島将之二冠
 (30)は竜王・叡王を保持する3強の一角、藤井聡太二冠(18)は昨年、史上最年少17歳11カ月
 でタイトルを獲得したスーパースターである。「永世七冠」の偉業を成し遂げ、国民栄誉賞を
 受けた羽生善治九段はタイトル通算99期を誇るが、最も多く制覇しているのがこの王座戦である。

・藤井二冠を応援しているが5月6日、1回戦で深浦康市九段(49)と対戦する。深浦九段は王位3期
 などの実績を誇る名棋士であり王座戦本戦も常連となっている。これまで五番勝負への登場ない
 が4回ほど挑戦者決定戦まで進んだ実績がある。この対戦は非常に興味ありゴールデンウイーク
 の楽しみとなっている。

【2021年2月15日】
・将棋の藤井聡太二冠は先日(2/11)に準決勝と決勝を奇跡的な大逆転で勝ち、3度目の朝日杯
 優勝を決めた。朝日杯準決勝は「現役最強」と呼ばれる渡辺三冠(名人・棋王・王将)で、途中
 まではAI形勢判断では渡辺「99%」、藤井「1%」の勝利確率であったが終盤で逆転させた。
 決勝は三浦九段で途中では三浦「98%」となったが終盤大逆転となった。

・昭和の実力者であった大山康晴や平成以降の実力者である羽生善治も、終盤で何度も奇跡の
 ような逆転勝ちを収めてきたが藤井聡太二冠もまた、その王者の系譜を継いでいる。順位戦も
 B級2組で今期9勝0敗で最終戦を残して上位2枠に入ることが確定しB級1組への昇級を決めた。

・順位戦は20連勝となり、通算38勝1敗(勝率・974)と驚異のペースで勝ち続けている。2019年
 2月に敗れて以来、2年間負けていない。来期から参戦するB級1組は「鬼の棲み家」とも称される
 強豪ぞろいの難関である。参加棋士13人のうち上位2人に入ればA級に昇級し、さらに10人の
 トップ棋士が在籍するA級で優勝すれば名人挑戦権を獲得する。今後の活躍が楽しみである。


【2021年1月9日】
・年末年始の肥満防止のために、早朝ウォーキング(5時30分位スタート)を行っている。
 約1万歩を目標に歩いているが、最近は朝の気温が氷点下となって歩き始めは顔・指先が痛く
 なる寒さを感じている。三日坊主で終わるかと思っていたが正月三が日の除き2週間続いている。

・直近の天候では日本海側で記録的な大雪となっている。特に富山市では午後3時までの
 24時間降雪量が65センチと観測史上1位の値を更新した。10日(日)まで強い寒気が居座り
 さらなる大雪に警戒が必要となっている。関東甲信の平野部でも12日(火)には雪が降り、
 東京都心でも初雪となる可能性がある。

・ウォーキングにはいろいろと健康面でメリットがある。ただ、あまり無理をしても良くないため
 天候や体調などを考慮して実施する必要がある。12日が降雪の場合は、自宅でのストレッチ
 体操に変える予定である。「楽しみながらやるのが長続きのコツ」と感じているため今年は
 少し続けたいと思っている。いつまで続くことか。。





ページTOP


BACK