株式会社 RKコンサルティング
Registered Kindness Management Consulting Corporation


  【創造性】

【2012年6月】
1、創造性(しくみ)
 
創造学では、すべての創造物は「要素」、「構
造」、「機能」からできていて、「要素」や「構造」
の組み合わせによって、新しい「機能」を生み
出すとされている。
 「要素」とは創造物を構成するもの、「構造」
とは要素の結び付きであり、これによって全体
として何らかの働き「機能」を得るとされている。
 VEでは、必要な「機能」を達成させる新たな
「要素」・「構造」を生み出す方法論(機能的研究
法)が整理されている。この機能的研究法によっ
て、価値の高い商品やサービスを創造する。

【2012年5月】
1、創造性(収束技法)
 
収束技法は、「発散思考で出した事実やアイ
デアをまとめ上げる思考」であり、空間型(演繹
法、帰納法)と系列型(因果法、時系列法)に
分類される。
 演繹法は、「データを既存の分類で集約する
方法」で、帰納法は「類似なデータを集め新分類
をつくる方法」である。
 因果法は、「原因−結果でまとめる方法」で、
時系列法は「時間の流れでまとめる方法」で
ある。

【2012年4月】
1、創造性(発散技法)
 
発散技法は、「発散思考を用いて事実やアイ
デアを出すための思考」であり、自由連想法、
強制連想法、類比発想法と分類できる。
 自由連想法は、「思いつくままに発想する方
法」で、ブレーンストーミング法や希望点列挙法
などがある。強制連想法は、「各種のヒントに強
制的に結び付けて発想する方法」で、属性列挙
法、チェックリスト法などがある。類比発想法
は、「テーマの本質に似たものをヒントに発想
する方法」で、シネクティクス法、NM法などが
ある。

【2012年3月】
1、創造性(思考方法)
 J・P・ギルフォードは、「人間の頭の働き」を
図のように、「認知」・「記憶」・「発散的思考」・
「収束的思考」・「評価」に分類している。発散的
思考は、広い知識と経験を活用しアイデアを
自由に発想する思考である。また、収束的思考
は、アイデアを分析・評価し解決策へまとめて
いく思考である。
 問題解決などで思考するとき、この2つの思考
方法を混用してアイデアが広がらない場合が
ある。『アイデアを発想するときは発散的思考
のみ、アイデアを分析・評価するときは収束的
思考のみ』と使い分けることが、創造的思考の
基本とされている。

【2012年2月】
1、創造性(論理的問題と創造的問題)
 問題とは「期待と現状の差」であり、問題の型
には「論理的問題」と「創造的問題」がある。
 論理的問題は、問題の出かたとして「問題の
存在がはっきりしてる」、解決のしかたとして「論
理的なステップを踏んで理詰めで答えを出す」、
解答として「答えは一つでそれだけが正しい」の
特徴がある。
 創造的問題は、問題の出かたとして「問題の
存在があいまい」、解決のしかたとして「創造力
を活用し多くのアイデアを発想し答えを出す」、
解答として「答えはたくさんありこれだけが正しい
というものはない」の特徴がある。
 企業の改善活動は、この創造的問題が多く
問題解決には創造性が欠かせない。
  
ページTOP

BACK