株式会社 RKコンサルティング
Registered Kindness Management Consulting Corporation


  【アイデア発想の障害】
【2011年3月】
 1、アイデア発想の障害(認識の関)
 
アイデアを発想しようとするのに、われわれ
の頭の中に無意識のうちに、アイデアを阻む
関所ができてしまっているといわれている。
その関所のひとつが、『認識の関』である。
これは、問題の存在に気がつかなかったり、
問題を誤ってとらえることから生じる障害
である。「周囲の状況に惑わされて本当の
問題がつかめない」、「自分の作った条件
に縛られる」、「原因と結果の取り違い」など
によってアイデア発想に支障が生じる。

より多くのアイデアを生みだすためには、
意識的に関所を取り除く努力が必要である。


【2011年4月
 1、アイデア発想の障害(文化の関)
 アイデアを阻む関所の二つ目が、『文化
の関』である。これは、文化レベルの向上
や文化社会を支える枠がかえって発想の
障害となることである。
それは、「型にはめたい、はまりたい」と現状
の取り決めやルールに固執すること、「黒白
を早くつけたがる」と現状の基準や規格で
物事を判断すること、「統計のうのみ」と過剰
にデータのみを偏重することなどによって
アイデア発想が制約されることである。
 現状を打破し抜本的なアイデアを得るため
には自由奔放にアイデアを考えてみることが
大切である。


【2011年5月】
1、アイデア発想の障害(感情の関)
 
アイデアを阻む関所の三つ目が、『感情
の関』で
ある。これは、人間の感情や性格が
アイデア発想の障害となることである。
それは、「批評家が恐い」、「間違ったら大変。
笑われる」、「特定の人に対して感情的に
なる」などがアイデアを自由奔放に発想でき
ない状況をつくり出している。
 アイデアは、会社における肩書・職制から
離れて批判厳禁で発想することが重要である。


ページTOP

BACK