株式会社 RKコンサルティング
Registered Kindness Management Consulting Corporation


  【アイデア発想技法】
【2012年1月】
1、アイデア発想技法(希望点列挙法)
 
希望点列挙法は、「“こうあって欲しい”、
“こうなったらよい”といった夢や希望を出し
合い、それをヒントにしてアイデアを発想する
方法」である。
 ポイントは、「発散思考(論理性にこだわ
らずに様々な視点から答えを考え出そうと
する思考)で“理想”を描く」ことや、「問題や
ものに対する夢や希望を出し、“あるべき姿”
に焦点を合わせ考える」ことである。
 「電池のいらない懐中電灯があったら」や
「コードのいらないアイロンがあれば」の
ように、“〜たら”、“〜れば”、と理想を描く
ことで価値の高い商品を発想することができる。

【2011年12月】
1、アイデア発想技法(チェックリスト法)
 
チェックリスト法は、「問題を考えるとき
に、あらかじめチェックすべき項目をリスト
化し、抜け落ちないように考えていく方法」
でアイデアを発想する。
 特にVE活動で活用する際のポイントは、
「対象の機能に着目して、何を改善するのか
を明確にする」ことや「チェックリストの
項目を発想の切欠とする」ことである。

 
オズボーンのチェックリストがよく活用され
るが、「ほかに使い道はないか?」、「ほか
からアイデアを借りられないか?」、「形・色
・運動などを変えたらどうか?」など9項目の
視点を切欠とし、アイデア
を発想する。

【2011年11月】
1、アイデア発想技法(KJ法)
 
KJ法は、「川喜多二郎氏が考案した問題
解決技法。類似アイデアを集約し、そこから
新たな仮説
を発見しようとする方法」でアイ
デアを発想する。
 ポイントは、「アイデア群を集約する際に
つけるタイトルは簡潔な表現とする」ことや
「グルーピングを親近性を持ってレイアウト
する」ことである。これによって、表示した
タイトルやレイアウトしたグルーピングの
関連から新たな仮説が着想できる。
 アイデア同士に何らかの関連づけを行い
タイトルをつけるため、その際に新たな
ヒラメキが起こる。それをきっかけに発想を
膨らましていく。


【2011年10月】
1、アイデア発想技法(ワークデザイン法)

 ワークデザイン法は、「理想像を設定して、
そこから逆算して具体的なシステム・制度・
機構としてまとめていく方法」でアイデアを
発想する。
 ポイントは、問題をシステムとして捉え、
システムの機能を明確にすることである。
「指示棒を使いやすくしたい」のテーマ事例
では、「指示棒の長さを調整する」と機能を
明確にする。その上位機能「説明箇所
を示す→出席者の視線を集める→プレゼン
を理解していただく」を明確にしゴールと
する機能「例として“出席者の視線を集
める”」を設定する。
理想システムとして、技術的に実現可能な
理想機能「レーザー光を当てるなど」を設定し
具体的なシステム・制度・機構を発想する。

【2011年9月】
1、アイデア発想技法(NM法)
 
NM法は、中山正和氏が考案した類推技法である。「類推を要にして発想を一定の手順によって行う方法」でアイデアを発想する。
 進め方は、テーマ(例として“臭いを防ぐ”)
からキーワードを抽出する。例として「消える」
をキーワードとする。次に類似を「例えば
“霧”のように」と連想する。次に背景を「“霧
が消える”そこでは何が起こっているのか→
“温度が上昇している”」と調べる。
次に「“温度を上昇させる”ことは“臭いを防ぐ”
ことに利用できないかと着想する。このような
進め方で発想を拡大してアイデアを出す。




【2011年8月】
1、アイデア発想技法(シネクティクス法)
 シネクティクス法は、「一見、関係ないもの
を関係づけるという類比(Analogy)の
テクニックを用いる方法」でアイデアを
発想する。 ポイントは、類比
(Analogy)を活用する際に、直接的
類比・擬人的類比・象徴的類比の手法で
発想することである。
直接的類比は、「直接似たものを探して
それをヒントに発想する方法」である。
擬人的類比は、自分がその要素になりきって
その視点から発想する方法」である。
また、象徴的類比は、象徴的なイメージを手掛
かりに発想する方法」である。「シャフト」→
「長い棒」→「ものほし竿」→「釣り竿」と類比を
進めると発想が広がる。


【2011年7月】

1、アイデア発想技法(ブレーンストーミング法)
 ブレーンストーミング法は、「何人かの
人が集まり、集団の効果を生かして、
アイデアの連鎖反応
を巻き起こし、自由
奔放にアイデアを発想する方法」である。
 ポイントは、議論を活性化するために
『批判厳禁』、『自由奔放』、『アイデアの量
を求む』、『アイデアの改善結合』の4つの
規則を守ることである。アイデア発想中に
「以前やったけどだめだった」、「これが業界
の常識である」、「理論的に無理である」、
「これで30年やって問題ない」などの言葉
がでたら要注意である。


ページTOP

BACK