株式会社 RKコンサルティング
Registered Kindness Management Consulting Corporation


  【マーケティング】
【2023年3月】
1、マーケティング分析(RFM分析)
RFM分析は、「最終購入日(Recency)」「購入頻度(Frequency)」「購入金額(Monetary)」これら3つの指標を用いて顧客をグループに分ける分析手法のこと。

「最終購入日(R:Recency)」とは、顧客が最後に購入したのはいつかを算出し、最終購入日からの時間が短い顧客を高く評価する
「購入頻度(F:Frequency)」とは、顧客が何回購入したかを算出し、回数が多い顧客を高く評価する
「購入金額(M:Monetary)」とは、顧客の購入金額の総額を算出し、金額が高い顧客を高く評価する


【2023年1月】
1、マーケティング分析(VC分析)
VC(バリューチェーン)分析とは製品やサービスが顧客に渡るまでのプロセスにおいて、どこで競合に優位性を発揮する付加価値が生み出されているかを分析する手法のこと。

企業活動を「主活動」と「支援活動」に分けて考える
【主活動】
購買物流、製造、出荷物流、販売、マーケティング、サービスなど、製品やサービスが顧客に届くまでの過程に直接関係する活動のこと
【支援活動】
調達、開発、人事管理、財務、会計、インフラ管理など、主活動を支える活動のこと


【2022年11月】
1、マーケティング分析(PEST分析)

PEST分析とは政治的要因(Politics)、経済的要因(Economy)、社会的要因(Society)、技術的要因(Technology)の切り口で市場環境を分析し、事業戦略やマーケティング上の機会と課題を導く分析のこと


・政治的要因 は行政面から市場環境を分析する
・経済的要因は経済の動向変化を分析する
・社会的要因はライフスタイルの変化面から
市場環境を分析する
・技術的要因は技術面の変化による影響を
分析する



【2022年8月】

1、マーケティング分析(5F分析)

5F(ファイブフォース)分析とは自社に影響を与える競争要因を5つに分けて、それぞれの現状を分析し自社が取るべき戦略の立案に役立てること。
5つの競争要因は、業界内での競争・買い手の交渉力・売り手の交渉力・新規参入の脅威・代替品の脅威となる。

・業界内での競争:
競合の数・資本や技術力が自社の脅威となる
・買い手の交渉力:
買い手の交渉力が強い場合は自社利益を圧迫する
・売り手の交渉力:
売り手の交渉圧力によって自社が屈してしまう
・新規参入の脅威:
自社のシェアや利益率を悪化させるリスクがある
・代替品の脅威:
市場や自社の価値が置き換えられてしまう


【2022年7月】
1、マーケティング分析(SWOT分析)

SWOTとは、企業の強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)のことで、それぞれの頭文字をとってSWOT(スウォット)と言う。
SWOT分析は、自社の内部環境の強み(S)と弱み(W)、外部環境(経営を取り巻く環境)の機会(O)と脅威(T)をそれぞれ分析する。

・強み:競争相手よりも勝っている点
・弱み:競争相手よりも劣っている点
・機会:業績が拡大する外部環境の変化
・脅威:業績が悪化する外部環境の変化



【2022年3月】

1、マーケティング分析(3C分析)

3Cとは、「顧客(customer)」、
「競合(competitor)」、
「自社(company)」のこと。
3C分析とは、「市場の顧客」、
「競合の動向」、「自社の商品・サービス」
を分析することで、
事業の課題や成功要因を見つけ出し、
新規ビジネスに活かすための
フレームワークである。
・顧客は誰か、顧客が求めている価値は何か?
・競合は誰か、その戦略・ねらいは何か?
・自社の商品・サービスの特徴は何か?


【2021年11月】
1、マーケティング・ミックス(4C)
マーケティング・ミックスとは、決定した標的
市場に自社の経営資源を集中可能である最適
なマーケティング要素(4P/4C)を組合せ
て構築すること。
マーケティング要素である4Cとは、
・顧客にとっての価値
(Customer Value)
・顧客の負担
(Cost to the Customer)
・入手の容易性
(Convenience)
・コミュニケーション
(Communication)
のことである。



【2021年8月】
1、マーケティング・ミックス(4P)
マーケティング・ミックスとは、決定した標的
市場に自社の経営資源を集中可能である最適
なマーケティング要素(4P/4C)を組合せ
て構築すること。
マーケティング要素である4Pとは製品
(Product)として製品・サービス・品質・
デザイン・ブランド等、価格(Price)として
価格・割引・支払条件・信用取引等、
流通(Place)としてチャネル・輸送・流通
範囲・立地・品揃え等、プロモーション
(Promotion)として販売促進・広告・
ダイレクトマーケティング等である。




【2021年4月】
1、ポジショニング
ポジショニングとは、ターゲット顧客に自社
製品について独自のポジションを訴求し、
他社と異なるイメージを構築すること。
顧客が自社製品の価値を認知し、競合製品
に対して優位に立つことを目的にしている。
ポジショニングマップなどを作成し、位置関係
を考慮する。
手順は、まず2つの軸(例:消費者ニーズと
品揃え)を決定し、自社・競合他社を照らし
合わせ位置関係を決定する。2つの軸を変化
させることで他社の差別化ポイントが見えてくる。





ページTOP

BACK